ザルとカゴ - フリースキー日記

フリースキー日記 ホーム » スポンサー広告 » summer » ザルとカゴ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザルとカゴ

月曜日の午前2時。
人々が新たな週に向けて英気を養うためにぐっすりと休むこの時間。
男はは昼間のバーベキューから飲み続けてキャバクラでフラフラになっていた。

酔った男はおもむろにあたりを見回し、何かを探している。
男がが座っているソファの前のテーブルの上に置かれた自分の携帯電話を見つけるのが困難なほど泥酔しているようだ。

やっとの事で携帯を見つけると男はmixiにアクセスしマイミク達の日記の確認を始めた。

騒がしい店内の喧噪や友人たちの会話、自分の隣に座って話しかけてくるキャバ嬢の会話さえすでに彼の耳には届いていなかった。

男は見つけてしまったのだ。
マイミクの日記に踊る、
「ホタルイカ」
の文字を。



慌てて会計を済ませ店を飛び出した一行は男の自宅へと向かった。
しかしタモが無い。
小さな網すらも無い。

だが男たちは慌てなかった。
なぜなら彼らの手にはすでに完璧とすら言える機能的な漁具が握られていたのだから。



ザルと黄色のカゴ。

200804070925001.jpg




しかし彼らは漁具の問題がかすむほどの大きな問題を抱えていた。

「富山にホタルイカがいるらしい!」

という事以上の情報をだれも持っていなかったのだ。
しかも金沢を出発しようとした時はすでに午前3時半を回っていた。

「ホタルイカは夜に採れるらしい!」

というこれまたあやふやな情報が彼らを急がせた。
そして2台の車に分乗して彼らは出発したのだった。



とりあえず富山に向かう道中で各々が携帯電話を使ってネットにアクセスしホタルイカの情報を収集し始めた。

そしてなんとなく目的地が決定。


午前4時半。
全員が初めて足を踏み入れる地を適当に車を走らせ、
「ここなら海に降りれるかな?」
という場所を見つけ車を停めた。


防波堤近くの空き地に乗ってきた最新のメルセデスベンツS600とキャデラックリムジンを滑り込ませると中から良いスーツを着た男達、キャバ嬢、B-BOY軍団が降り立った。

さびれた町のこの時期の海ににつかわない彼らは長靴はおろか懐中電灯、軍手、タモなど何も持っていない。

ただ持っているのはザルとカゴ。
明らかに周囲に異彩を放っている。


彼らの装備が周囲に無言で語っている。
「俺たちはお前らとレベルが違うんだ」
と。



その時、先に海に向かって走って行った男が叫んだ!

「ヤベェ!!
海の中で光ってる!!
ってかイカだらけだ!!」


全員の鼓動が高鳴った。
暗闇の海の中で光る無数のイカ。
各自が携帯電話のライトを使って海を照らすと海の中にはイカの大軍が。

その後はザル1個とプラスチック製のカゴを順番に使いひたすらイカをすくった。

金魚すくいの比ではなかった。
とにかく採れる採れるひたすら採れる。


岩の上からイカをすくうのにストレスを感じた一人が海の中へ入った。
道中で見た温度計は3℃。

しかし彼らはすでに寒さを感じるほどの冷静さを欠いていた。


そして手でイカを掴んでどんどんとカゴの中へ。




空が白んできた午前6時。

彼らのイカとの死闘が終わった。
今日の収穫量は約20kg。

200804070533000.jpg





そして彼らは帰路についたのであった。





今回は小説風にお送りしてみました♪ワラ
ってかホタルイカめっちゃ美味い!!
コメント
非公開コメント

はじめまして、富山に住んどるalba331と申します。
ちょくちょくおじゃましてます♪
ウチの近くの海でもわんさかホタルイカ獲れるんでわりと近くかもしんないっすね!
ホタルイカ万歳☆

2008-04-18 15:47 │ from alba331URL Edit

コメントありがとうございます!!
家の近くをウロウロしている集団がいたら僕たちかもしれません・・・
ブログの動画すごいですね!!楽しく見させてもらいました!!

2008-04-27 01:09 │ from いのっちURL

トラックバック

http://freerideskibiog.blog7.fc2.com/tb.php/408-2ba2a867

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。